あなたの頼れる薬局。生駒市でお薬のことなら「若葉薬局」へおまかせください。

若葉薬局 メールでのお問い合わせはこちら

若葉薬局の在宅医療

在宅医療を受ける患者さんの大半は何かしらのお薬を服用しているはずです。
在宅医療の難しい部分は、病気を治したい「医療」とその人らしく生活してほしい「介護」が必ずしも同一の方向でないことです。
言い換えるなら、医療は「病気というマイナス」を消し、介護は「希望というプラス」を与えるのかもしれません。だから相反することが起こるのです。
若葉薬局が考える在宅医療とは、薬を通じて「医療」と「介護」の架け橋として患者さんに寄り添うことだと考えています。

個人向け薬剤師訪問サービス

ご家族の介護に悩んでいませんか?苦しんでいませんか?

ある日、突然介護が必要になった。認知症で薬の管理が大変になったなど、お薬で悩まれているご家族はたくさんおられます。
ご存知でしたか?
処方せんのお薬を薬局へ取りに行けない方や、通院が困難な方には、薬剤師がご自宅までお薬がお届けできるサービスがあることを・・・。
そして、その人に合わせたお薬の管理方法をお伝えし、ご家族の負担を軽減します。

こんな時、こんな方にお役に立ちます

薬局に行くのが困難

薬剤師がご自宅へお届けします。来局に介護が必要な患者様やご家族の負担を軽く出来ます。

どの薬だったかな?あの薬飲んだかな?

薬剤管理システムにより整理された薬剤は、いつどの薬を飲めば良いかが文字と色で分かりやすく専用トレーに並べられていますから安心です。

薬が飲みにくくて

補助ゼリーで飲み易くしたり、カプセルを粉末化するなどの提案もいたします。

体調の変化、飲み合わせが心配

患者様一人ひとりの管理簿により服薬状況を確認して効果、副作用などについてご説明します。

利用の流れ

まずは薬局やご担当のケアマネジャー様、主治医様などにご相談ください。
このサービスをお受けになるには、通院・来局が困難でこのサービスを必要とし、医師がその必要を認め薬剤師に対しての訪問指示があり、患者様またはご家族の同意がある方が対象となります。

ご利用可能回数

患者様の状況 回数 保険の種類
基本 定期:4回/月 医療保険・介護保険
末期の悪性腫瘍・中心静脈栄養法の患者様 定期:8回/月 医療保険・介護保険
臨時・緊急※ 臨時:4回/月 医療保険

※医療保険にのみ適用のため介護保険はご利用いただけません

1回のご利用料金【介護保険をご利用の方】
条件 1割負担 2割負担 その他費用
単一建物居住者が1人の場合 507円 1,006円 +お薬代
単一建物居住者が2~9人の場合 376円 704円
単一建物居住者が10人以上の場合 344円 688円
1回のご利用料金【医療保険をご利用の方】
条件 1割負担 3割負担 その他費用
単一建物診療患者が1人の場合 650円 1,950円 +お薬代
単一建物診療患者が2~9人の場合 320円 900円
単一建物診療患者が10人以上の場合 290円 870円

薬剤管理システム-誰もが使いやすく、誰も間違えない、誰もが気持ちよく使える-

考え抜いた配薬トレイ
  • ・用法時間(朝・昼・夕)ごとに色を分け、誰が見ても時間を間違えない
  • ・両サイドに「場所」「曜日」「服用時間」を貼ることで、曜日を間違えない
  • ・上下に患者名を貼ることで患者の薬の配置を間違えない。
    さらに服用がないときは「服用なしカード」をいれてます
服用時間でセット

誤薬が多いのはなぜ?
行程1:調剤(一包化)
行程2:患者ごとに袋つめ
行程3:患者トレイにセット
行程4:時間(日にち)ごとにセット
行程5:患者に配薬
すなわち5つの工程で人間が触るため誤薬につながる

若葉薬局では・・・
行程1から行程4(服用時間でセット)まで薬局内で作業してお届けするため、
誤薬リスクを回避できる

一包化の品質向上
  • ・部屋番号とお名前を表示
  • ・服用する日付と曜日を表示
  • ・各薬包に入っている薬剤を表示
  • ・服用時間に合わせて色分け
  • ・下剤など調整の必要な薬は別包
週1回の薬剤師訪問
  • ・残薬整理、配薬、医薬品の整理整頓、お薬手帳の添付をします
  • ・患者さんと直接話(服薬指導)をして安心を与えます
  • ・看護師さんと毎週打合せができるので、情報共有でき、要望や改善などスムーズです
  • ・定期報告により、患者さんの薬の最終日や薬の変更など一覧でわかります
    ※もちろん週1以外に、緊急時の配達もおこないます
外用棚の設置

外用・湿布剤など個別にレターケースを用意して、使いやすく整理

お薬後払いサービス

患者さんと薬局が直接口座振替をしますので、施設が薬代金の回収をする手間はありません